あまりに酷い虫歯であれば削らないといけない場合もありますが、これまで虫歯といえば有無を言わさず削るという印象でしたが、最近は削らない治療も増えてきています。

昔だと、虫歯を見つけたら早い段階で削ってしまうというのが主流でしたが、そうすると治療後は銀歯をすることになり、その後何度も歯医者さんにいかなければなりませんでした。

ですが、今の時代は、初期の虫歯であれば削らないで、歯磨きをしっかりすることで治すこともできるんです!

そのために、まず出来ることは、早い段階で虫歯を見つけておかなければいけません。
もし虫歯が悪化すれば、時間がたてばたつほど酷くなり、削らざるを得ない状況までなってしまいます。

歯の色の変化を見たり、定期健診を受けることは大切なんです。

削らないで虫歯を治すというのは、どんな方法があるのか見てみましょう!

→削らないでも虫歯を0に出来る「歯磨き粉」はご存知ですか?

 

子供の虫歯を削らないで治す方法

代表的なものですと

  • フッ素
  • シーラント

この2個ですね。
両方聞いたことがあるかたが多いと思います。

フッ素は、虫歯予防の中でも歯を強くすることが目的になっていて、シーラントは、磨き残しがよく起こる乳歯の奥歯の溝を予め埋める方法です。

どちらもしておけば虫歯には絶対らないというわけではないので、認識の注意が必要です。どちらともケアはしっかりしないといけませんし、シーラントは外れると逆に虫歯になりやすくなるというマイナス面もあります。

そういったリスクを防ぐためにも定期健診にはしっかり行きましょう。

その他には、進行止めをしたりレーザーを使ったり、樹脂でコンポジットレジンを使うなど、歯医者さんによって機器が違うので出来ることがことなり、治療方法も変わってきます。

歯医者さんのホームページが設けられている場合は、割と治療法などを掲載しているところが多いので、事前にチェックしてから行くようにしましょう!

 

⇒フッ素やシーラントにかかる費用はどれくらい?

最新機器だけが全てではない

歯医者の機器

 

最新機器があれば、最先端の治療を受けることができて治りやすいというわけではありません。

出来たばかりの歯医者さんであれば、必然的に最新機器が増えることになりますので、先生の技量関係なく、最新機器で治療を受けることになります。

機器の新しさよりも、正しい治療をできる歯医者さんかどうかを見極めなければいけません。

もし口コミがあるのであれば、事前に口コミを確認して、どういったところが良くてどういったところが悪いといわれているのか予め知っておきましょう。それにもし納得できないのであれば、他の歯医者さんを視野に入れた方がいいですね!

子供の虫歯を削らないで済むかどうかというのは、虫歯の状況だけではなく、歯医者さんの方針ですぐ削ったり抜いたりする患者思いでない歯医者もあります。

もしかしたら歯医者さんの腕がないから、治療ではなく抜いてしまえ…という可能性も0ではないんです。

子供の場合、乳歯なのでこれから永久歯が生えてきますが、歯並びのことを考え、保隙措置を使うなど対応していかないといけない場合があります。

まずは経験があり、きちんと判断ができる信頼できる歯医者さんを見つけましょう。

⇒ずっと通える安心歯医者の選び方は?

 

まとめ

子供の虫歯の場合、削らなくても治療できる場合もありますが、虫歯の状況にもよるので、自己判断せずに、早めに歯医者に行くようにしましょう。

もし虫歯が悪化すると、歯医者さんに通う頻度が増え、痛い思いをするたびにどんどん歯医者さんが嫌いになることもあります。

もし抜歯になったら、周りの歯への影響や歯並びにも関わってくるので、永久歯が生えそろうまではしっかりと見届けなくてはいけません。

虫歯は、治療すればそれ以降は気にしなくていいというわけではないので、初期の虫歯ができた時点で、なぜその虫歯ができてしまったのか原因をみつけ、正しい歯磨きをして今後虫歯ができにくいように改善するようにしましょう!

 

⇒子供の虫歯予防でブリアン歯磨き粉を使ってみた感想