ブリアンは無添加ですが、無添加となると気になるのは使用期限です。
保存料を使用していないと言うことは、使用期限が短くなると考えてしまいますよね。

定期購入で1ヶ月60包を買ったとして、1ヶ月で使い切らないとしても数ヶ月なら使い切ることができそうですが、もし余ってたまることで休止をしたり、海外に売っていないため海外へまとめて送るとなった場合は、使用期限を知っておかないとこまります。

では、ブリアンの使用期限のチェックと、無添加ではない保存料入りの歯磨き粉の使用期限をチェックしておきましょう!

 

ブリアンの使用期限が知りたい

ブリアンの気になる使用期限ですが、実は、1年以上使用できるんです!
ただこれには条件があり、冷暗所で保管するということと、未開封ということです。

よく缶詰とかでも開けなければ長く保管できますが、開封すると早めに食べて下さいと書いていますよね!それと同じような扱いです。

BLIS M18の菌自体が弱いので、殺菌剤等の併用をすることができません。

そのため、保存するといった面では少し難しいかもしれませんが、ブリアンでは出来る限り保存ができるように未開封の場合は長く持つように工夫されているんです。

 

ブリアンの使用期限

ブリアンは、パッケージが新しくなってからスプーン計量タイプから個包装に変わりました。

そうすることで固まることがなくなったので、以前に比べるとかなり保管しやすくはなりましたが、高温多湿の場合は個包装でも劣化することがあるので、注意が必要ということになります。

ブリアンを開封したら、なるべく早く使い切り、個別の包装の方を開封した場合はできるだけ空気が入らないように封をし、冷蔵庫で保管して数日で使い切るようにしましょう!

 

ペースト状は腐ると聞くのに、なぜブリアンは腐らない?

ペースト状の歯磨き粉

ブリアンの使用期限は、無添加で1年と言う事がわかりましたが、ペースト状の歯磨き粉は腐りやすいと言われているのを聞いたことがありますか?

歯磨き粉は、古くは粉でできていましたが、粉だと磨きにくいということで、徐々に進化を遂げて今のペースト状に変わったんです。
しかし、使いやすくなった半面、腐りやすいというマイナス面があります。

粉に比べると水を含んでいるので、腐りやすくなるのは当たり前といえば当たり前なのですが、そのままだと腐ってしまうので、防腐剤や酸化防止剤といった、腐らないために成分が配合されています。

防腐剤等を入れることで、腐るのを止めるって聞くと少し不安になってしまいますが、その効果は永遠ではありません。

普通に販売している歯磨き粉は、大体未開封3年、開封後は半年~1年といわれています。

家で日常的に使っている歯磨き粉は、早々1年すぎることはないと思いますが、旅行用に持っている歯磨き粉は期限が過ぎている可能性があります。
防腐剤が入っていたとしてもそんなに長くはもちません。

無添加のペースト状歯磨き粉ですと更に短い場合があるので、一度チェックしておきましょう。

言われるまで気にしたことがなかった…と言う方も多いかもしれませんが、買った時を覚えていなかったり、期限が明らかにすぎてそうであれば、使用はやめておきましょう。
捨てるのが勿体ない場合は、研磨剤や界面活性剤が含まれていることを活かし、掃除に使う事もできますよ!

まとめ

無添加歯磨き粉のブリアンはの使用期限は1年以上もつ!
ということですね!そうとなるとまとめ買いすることもできるので、安心です。

子ども用の歯磨き粉にこだわりがある方は、ブリス菌配合の歯磨き粉がほとんどなく、ブリアンしか見当たらないので海外の方なんかはまとめ買いしている方も多いみたいですよ!

子ども以外にも、歯医者にいくことができない高齢者の方やペットでもブリアンを愛用している人が増えてきています。

定期購入をしてあまったとしても休止をすることができますので、プラチナ会員特典でオトクに買い続けられるところも良いところですね!

>>サイトTOPへ