市販の歯磨き粉にはいろんな種類があります。中には虫歯予防成分が配合されていると書いていますが、具体的にどんな成分が配合されているのでしょうか?

  • 虫歯予防
  • 歯肉炎
  • 歯槽膿漏予防

こういったワードをよく聞きますが、他にも子ども用になるとフッ素配合というのもあります。

そして歯磨き粉にはテクスチャーの違いもあり、ペーストタイプ、ジェルタイプ、粉タイプなどがあります。

ですが、実際に歯磨き粉を買う時には、テクスチャーよりも、CMで見たことがあるとか店頭のPOPで決めたりすることが多いかもしれません。

また、最近は歯磨き粉を使わない派の方もいますが、歯磨き粉がないと虫歯予防にならないと話す人もいます。
歯磨き粉を使う事で、どんな効果があるのか、虫歯予防成分はどんなものがあるのかチェックしてみましょう。

市販の歯磨き粉に期待できる効果

市販の歯磨き粉の効果

市販の歯磨き粉は、良く見ると医薬部外品と化粧品というものに分かれています。

香り重視とかではなく、歯に効果を期待したいのであれば、薬用成分が入っているので、医薬部外品の方がおすすめです。

では歯磨き粉に期待できる予防効果を見てみましょう!

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 歯肉炎
  • 口臭
  • 歯石
  • 知覚過敏
  • タバコのヤニ

こんなにもあるんですよ!

これら全てが期待できるというわけではなく、その歯磨き粉に入っている成分によって変わってきます。

子ども用の歯磨き粉を選ぶ時、必ず重視するのが虫歯予防成分だと思いますが、虫歯予防成分だけを見るのではなく、研磨剤や発泡剤といった、必要のない成分が入っていないかもチェックしておきましょう。

市販の歯磨き粉に入っている予防成分

市販の歯磨き粉に入っている虫歯予防成分は

  • フッ化ナトリウム
  • モノフルオロリン酸ナトリウム

といったフッ素が入っています。

これらの働きとしては、酸で派が溶けるのを押さえて、再石灰化をサポートしてくれます。

しかし、歯医者でよくフッ素塗布をしてくれますが、それに比べると濃度が低くなり、効果も薄れてしまいます。

また、使用方法欄に「みがいた後はゆすいでください」と書いているものが多いですが、これらは飲みこまずにゆすがないといけないので、そうなると小さい子どもには向いていないということになります。

また、虫歯予防をしっかりしたいのであれば、フッ素の濃度が950ppm以上の濃い歯磨き粉を選ぶようにしましょう!

フッ素の他には、リン酸カルシウム・TCP-APP・マグネシウムといったミネラル成分が再石灰化をサポートすることもできますが、虫歯を予防するというよりは、歯を強くするための成分なので、自分の目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

虫歯予防成分BLIS M18って何?

虫歯予防成分のBLIS M18

 

虫歯予防成分BLIS M18は、ブリアンにしか使用されていない成分で、虫歯菌や歯石を除去する効果があります。

日本どころか世界初、ブリス菌が配合された歯磨き粉ですので、虫歯をとにかく予防したいということであれば、市販の歯磨き粉には限度があるということがわかります。

歯が弱いとフッ素と併用ができないですし、虫歯予防成分BLIS M18は大量生産ができないので、今の段階ではブリアンの公式サイトのみの販売になっています。

BLIS M18であれば、虫歯菌の除去だけでなく、虫歯菌の隠れ場でもあるプラークを除去することもできるので、虫歯予防成分としてはとても優秀なんです!

→ブリアン歯磨き粉の成分効果について

 

まとめ

市販の歯磨き粉をみると、成分や効果が様々ですが、使っている歯磨き粉の成分まで見ていて、具体的にどんな効果があるのかまで見ている人はとても少ないんです。

使い方もあまり見ないという方も多いので、ゆすぐ必要があるのにゆすがないとか、子どもにはNGな歯磨き粉を大人と兼用しているということもあります。

歯磨き粉の選び方を間違うと、虫歯予防どころか虫歯ができやすくなってしまうので、必ず成分はチェックするようにしましょう。

子どもが虫歯にならないためにも、虫歯予防成分をしっかり見て、BLIS M18のような虫歯菌を除去できるものだったり、ブリアンのように子どもでも安心して使える成分の商品を選ぶことをおすすめします。

安さよりも安全を重視して、悪影響の少ないものを選びましょう!

⇒虫歯予防対策でブリアンを体験!