「子供の口臭がなんだか気になる…。歯磨き粉を使えば臭わない気がするので、それでいいや。」
そう思っている方要注意ですよ!

口臭には種類があり、それぞれ原因があります。根本ともなる原因を知らないと、歯磨き粉で上辺だけでごまかしても、そのせいで口臭が余計に悪化する場合もあります。

もししっかり歯磨きをしているにも関わらず、口臭が酷くなる場合は、歯磨きが原因ではなく、歯磨き粉に原因がある場合があります。

正しい歯磨きができていない場合は、歯垢などの汚れが口臭の原因になりますが、磨けていない状況を作っているのは、歯磨き粉なのかもしれません。

 

歯磨き粉を使うと口臭がする!?

子供の口臭を歯磨き粉でごまかすというのは、悪化させる可能性があるとお話しましたが、それには原因があります。

  • お口の中の環境が悪くなってしまう
  • 歯磨き粉が邪魔をしてしまい、きれいに磨けていない
  • 歯磨き粉できれいに磨けた気になっている

歯磨き粉で菌を除去するのであれば、お口の中の環境は良くなるイメージがありますが、歯磨き粉は殺菌剤なので、悪い菌だけでなく良い菌も一緒に殺菌してしまいます。

そうなると、お口の中の細菌バランスが崩れてしまい、虫歯になりやすい環境ができてしまうんです。

ですが、販売されている全ての歯磨き粉がそれに当てはまるというわけではなく、ブリアン歯磨き粉のような赤ちゃんでも使えるくらい優しい成分を使っていて、殺菌剤などが入っていない歯磨き粉であれば、お口の中の細菌バランスを崩すこともなく、安心して使うことができます。

他にも、殺菌剤などの成分が入っていないといっても、発泡剤といって泡立ちの成分が強いと、泡が邪魔をして歯磨きをきれいにすることができません。

そのことから、歯磨き粉で歯をきれいにした気になっているというパターンが多く、そのせいで虫歯になることがあります。

それくらいの歯磨き粉であれば、いっそのこと歯磨き粉は使わない方がきれいに磨けるということになりますね。

ですが、歯磨き粉がないと子供が歯磨きをしたがらない!ということもあると思います。

そんな時は、発泡剤が入っていない歯磨き粉にしましょう!

もし口臭が気になるのであれば、最初は歯磨き粉は使用せずに磨くか、仕上げの歯磨きに歯磨き粉をつけないようにしてみると、口臭改善になるかもしれません。

大人用の歯磨き粉は、子供の歯にとっては悪影響なものが多いので、必ず子供用か使っても良いと明記されているものを使いましょうね!

 

口臭の原因は歯磨き粉以外にも…

子供の口臭の原因

 

子供の口臭の原因は、歯磨き粉以外にも考えられます。

  • 飲食によるもの
  • 体調不良
  • 胃が弱っている
  • 口呼吸をしている
  • アレルギー

他にもいろいろな原因が考えられるんです。

なので、子供の口臭をどうにかしたい!と思うのであれば、原因を突き止めるために、ひとつずつチェックする必要があります。

もし可能性がある項目があれば、そこを重点的に改善していきましょう!

まとめ

子供の口臭を歯磨き粉で消すことはできません。

ごまかすのはもってのほかです。子供がお友達から言われて傷つく前に、まずは原因をみつけるようにしましょう。

もし歯磨きをしっかりしているというのであれば、ブリアン歯磨き粉のような発泡剤が配合していなくて、更に殺菌剤不使用でお口の中のバランスがとれるものを選ぶことをおすすめします!

また、まだ子供が小さいという場合は、消化器官が発達していないことで口臭に発展する場合もあります。

まだ歯がはえていないのであれば、濡れたガーゼで拭いたり、授乳後に白湯を飲ませることで汚れを流すなど対策をとってみましょう!

 

⇒赤ちゃんも歯のケアは大切!